基本情報技術者 PR

【基本情報】データベースについて何を勉強すべきか分かる記事

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
ハードウェア ソフトウェア システム構成
ネットワーク データベース 開発手法 情報セキュリティ

データベースに関する記事

関係データベース

データベースとはその名の通りデータを保管するものです。
その中でも関係データベースとは行と列があるような表形式でデータを保管するデータベースです。関係データベースはリレーショナルデータベース(RDB)とも言います。
基本情報で出題されるデータベースはほとんど関係データベースに関する問題です。

データベースにデータを登録・更新・削除の処理を行うとき、必要な処理をまとめて実行する必要があります。これをトランザクション処理と言います。
トランザクション処理にはデータベースにおかしなデータが発生しないための様々な性質があり、その中でも排他制御はよく出題されます。

SQL

SQLとは関係データベースを操作するための言語です。データベースに対しての処理には、データの登録・更新・参照・削除があります。

障害対応

データベースに障害が発生すると、データが破損して、重要なデータを失いかねません。
なので、障害が発生してもデータが守られるような仕組みを用意しておく必要があります。

基本情報ではバックアップの方法やバックアップからデータを修復する方法が出題されます。